山崎菅原神社(熊本県熊本市)

山崎菅原神社は、延久2年(1070)に創建され、菅原道真公がおまつりされています。

当神社は、江戸時代には肥後熊本藩の初代藩主である細川忠利公を始めとして、歴代藩主からの崇敬も篤く、城下町である山崎地区の氏神様としても親しまれました。

明治10年(1877)の西南戦争では社殿を焼失し、2度の遷座を経て、大正4年(1915)に、現在の鎮座地に遷座されました。
現在では学問の神様として知られ、菅原道真公がデザインされた合格祈願絵馬が数多く掛けられています。

また、九州では当神社でしか引けないイチハラヒロコ恋みくじも授与されており、恋みくじには「悪いけどこの恋はにがさん。」などといった神様からのストレートな言葉が記載されています。