綿津見〔わたつみ〕神社(福岡県糟屋郡)

かつて湊の漁師80世帯が新宮に移り住んだ際、氏神も一緒に遷座したため、湊は氏神不在となりました。このことから湊村の人々は不安と不便を感じるようになり、享保15年に当時の本村であった三苫村の氏神である八大竜王を歓請してできたのがこの神社です。

明治5年には村社に定められ、「綿津見神社」という名称で現在に引き継がれています。