緒方宮迫東石仏・緒方宮迫西石仏

宮迫東石仏と宮迫西石仏はどちらも平安時代の終わりごろ作られたと考えられる磨崖仏です。
宮迫東石仏は、如来型坐像を中心に右に不動明王、左に毘沙門天、またその両側には金剛力士像が彫られています。
宮迫西石仏は、左から薬師如来、釈迦如来、阿弥陀如来と配置されています。
どちらの石仏も立体的で大らかな石仏で、厚く彫刻されたその姿から、緒方地方の文化の一端を知ることができます。
是非、緒方町へお越しください。