ムリなく ムダなく 省エネ生活

家電の上手な選び方・使い方

リビング家電 リビング家電

照明

快適な生活環境を演出する暮らしに
合わせた照明

照明は、私たちの暮らしを明るく照らすだけでなくお部屋のインテリアの重要な要素でもあり、多彩な暮らしのシーンを演出してくれます。また、最近は電球形LEDランプや電球形蛍光ランプを利用できるシーンが広がり選択の幅が広がってきました。
ライフスタイルに合わせ、さらに省エネになる照明を選んで上手に使いましょう。

上手な選び方1.照明器具の種類と配置

近年、いくつかの種類の照明器具を分散して配置する多灯分散の照明プランが増えてきました。
全般照明に局部照明をプラスしたり、全般照明は使わず、局部照明を組み合わせて明かりの環境を演出したりします。
雰囲気が変わるだけでなく、省エネにもつながります。

いろいろな照明

図:いろいろな照明

全般照明

部屋全体の明るさを確保するための照明です。

  • 01ペンダント

    チェーンやコードなどでつり下げる照明。ダイニング用に多く使われています。

  • 02シャンデリア

    複数のランプがあり、照明効果とともに華やかさも演出します。

  • 03シーリングライト

    天井に直付けする照明。すっきりした印象です。

局部照明

全般照明で足りない光を補います。機能だけでなく用途に応じた照明の演出も楽しめます。

  • 04ダウンライト

    天井などに埋め込み下方を照らす照明です。

  • 05スポットライト

    天井や壁に取り付け、部分的に強い光を演出します。

  • 06ブラケット

    壁面に取り付ける照明です。明るさや華やかさを演出します。

  • 07フロアスタンド

    床に置くタイプのスタンド。読書時や部屋の雰囲気づくりに。

  • 08卓上スタンド

    テーブルに置くタイプのスタンド。持ち運びが容易で広く活用できます。

  • 09足元灯

    階段や廊下に使用され、適度な明るさで足元を照らします。

  • 10ポーチライト

    玄関の周りを照らす照明です。

  • 11門灯

    門壁などに取り付け、足元や表札を照らします。

  • 12ガーデンライト

    庭やアプローチなどを照らす照明です。

上手な選び方2.目的に合わせて

目的に合わせて、照明器具の種類や配置、そして光の色を選ぶとより良い生活空間を演出できます。

リビングの照明は多灯づかいで

リビングは家族が集って一番長い時間を過ごす部屋です。蛍光灯シーリングライト等による全般照明が一般的でしたが、最近では主照明に補助照明をプラスして目的に合わせた多彩な明かりの演出が取り入れられています。

イメージ:多彩な明かりの演出

寝室は安らぎの明かりが基本

横になったとき、まぶしさを感じないように気を付けましょう。ベッドの真上に照明器具がある場合は、まぶしさを抑えるためカバーが付いた器具を選びましょう。

イメージ:寝室は安らぎの明かりが基本

食卓の明かりはテーブルの大きさに合わせて

  • 一般的な大きさのテーブルの場合

    ペンダントはテーブルの中央につり下がるように、テーブル面から60〜80cmの高さに取り付けましょう。

    イメージ:一般的な大きさのテーブルの場合

  • 大きなテーブルの場合

    幅が広めのペンダントを選びましょう。または、2灯づかいもおすすめです。その場合は、テーブル面から50〜70cm離して取り付けましょう。

    イメージ:大きなテーブルの場合

同じ明るさでも、
年齢によって感じ方が違います

図:いろいろな照明

視力は年齢とともに少しずつ衰えてきます。
そのため、若い人には適切な明かりでも、高齢者には暗く感じられてしまうので、若い人に比べると多くの明るさが必要です。
例えば、新聞を読んだり、書き物をしたりする時は、スタンドなどの補助照明を使うと良いでしょう。

上手な選び方3.ランプの種類と光の色

家庭で使用される主なランプには、白熱電球、蛍光ランプ、LEDランプがあります。
また光の色にもバリエーションがありますので、目的に合わせて使い分けましょう。

  • 主なランプの種類と特徴

    図:主なランプの種類と特徴

LED(Light Emitting Diode)は発光ダイオードと呼ばれる半導体のことです。白熱電球と比べ長寿命で省エネ効果が高く、これからの照明として期待されています。電球形のLEDも各社から発売され、家庭でも照明器具として使われています。

光源の色を確認しましょう

光源には、複数の色があります。さわやかで涼しい雰囲気や活動的な雰囲気をつくりたい場合は、昼白色や昼光色のランプを使うと良いでしょう。また、電球色は温かみのある空間を演出できます。メーカーによっては、オリジナルの名前を付けている場合もあります。

  • 昼光色

    イメージ:昼光色

    昼間の太陽に近いさわやかな光です。部屋はクールですがすがしい雰囲気になります。特に明るさを重視したい場合などに使われます。勉強部屋などに向いています。

  • 昼白色

    イメージ:昼白色

    昼間の太陽に近い生き生きとした自然な光です。部屋は自然な雰囲気になります。高齢者のいるリビングや洗面所、台所、子ども部屋などに向いています。

  • 電球色

    イメージ:電球色

    電球に似た赤っぽく温かみのある光で、近年好まれています。部屋は落ち着いた雰囲気になります。リビングや寝室などに向いています。

上手な選び方4.効率の良いランプを選びましょう
「ランプを替えて省エネ」

一般電球やボール電球、ミニクリプトン電球などを、「電球形LEDランプ」や「電球形蛍光ランプ」に交換するだけで、大幅な節電になります。ランプ自体の寿命も長いので、ランプ代も少なくて済みお得です。

電球形LEDランプ・蛍光ランプの節電例

従来の一般電球やミニクリプトン電球などと比べて、消費電力が約1/5〜1/6と少なく、LEDランプの一般電球形・小型電球形は約40,000時間、電球形蛍光ランプは約6,000〜13,000時間と長寿命です。一般電球やミニクリプトン電球を、ほぼ同じ明るさの電球形LEDランプまたは電球形蛍光ランプに交換すると、1個あたり約80%の省エネを実現できます。

  • 白熱電球、電球形蛍光ランプ、
    LED電球のコスト比較

    図:白熱電球、電球形蛍光ランプ、LED電球のコスト比較

    いずれも白熱電球60W相当の明るさのもの(全光束約810lm)で消費電力、電球の価格、寿命を、白熱電球54W、62円、1,000時間、電球形蛍光ランプ12W、280円、8,000時間、電球形LEDランプ約10W、配光角 全般配光形(概ね300度以上)2,229円、配光角 準全般配光形(概ね180度以上〜300度未満)1,150円、40,000時間とし、年間2,000時間使用、電気代27円/kWhとして計算。電球形LEDランプは全方向が明るい「全般配光形」を選択している。
    電球形LEDランプは、技術の進捗に伴って消費電力や価格が低下することが予測されるが、ここでは、2014年5月時点の消費電力と価格にて試算を行っている。(2015年2月 価格は省エネルギーセンター調べ)

省エネ性能を確認しましょう

電球形蛍光ランプは、統一省エネラベル(簡易版)が表示されています。製品を選ぶ際の参考にしてください。

図:省エネラベル

  1. 1省エネ性マーク
    緑のものは、省エネ目標クリア

    トップランナー基準を達成すると緑色、未達成の場合はオレンジ色で表示されます。このため、緑色のマークが、省エネ性能が高い製品を選ぶときの目安になります。

  2. 2省エネ基準達成率

    その製品がトップランナー基準(目標値)をどのくらい達成しているかを%で示します。

  3. 3エネルギー消費効率(lm/W)

    1Wあたりの光束(明るさ)で表します。小数点以下1桁まで表示します。
    エネルギー消費効率(lm/W)=ランプの全光束(lm)/ランプの消費電力

  4. 4年間の目安電気料金
    年間の目安電気料金をチェック

    エネルギー消費効率(年間消費電力量等)を分かりやすく表示するために年間の目安電気料金を表示しています。

ランプを交換するときは

LEDランプは「ルーメン(lm)」、
蛍光ランプは「ワット数(W)」で選びましょう

電球形LEDランプの明るさは、ひかりの量を表す「ルーメン(lm)」(全光束)、電球形蛍光ランプの明るさは「ワット数」が目安です。交換するときは、カタログやパッケージに表示されている「ルーメン」や「ワット数」を確認して選びましょう。

  • 電球形LEDランプ・電球形蛍光ランプに
    交換するときの明るさの目安

    図:電球形LEDランプ・電球形蛍光ランプに交換するときの明るさの目安

    • ※この他にも設定されたルーメン値の種類がありますが、ここでは代表的なものを掲載しています。
    • ※今後、技術の進歩により消費電力の低下が予想されるため、電球形LEDランプの明るさは表の通り「ルーメン」表示に統一されました。
    • ※環境省の省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」では、現在お使いの製品と省エネ製品(電球は電球形蛍光ランプのみ対象)の比較ができます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 口金のサイズを確認しましょう

    今まで使っていた照明器具の電球と同じサイズの口金を選びましょう。

    イメージ:口金のサイズ

  • 器具にSマークが付いているかを確認しましょう

    ダウンライトなどの枠や反射板を確認して、Sマークが付いているかどうかを確認してください。付いている場合は、断熱材施工器具対応タイプを使いましょう。

    イメージ:口金のサイズ

  • 電球形LEDランプは
    光の広がり方に注意しましょう

    電球形LEDランプには、全方向タイプと下方向タイプがあります。用途に合わせて選んでください。

    イメージ:口金のサイズ

  • ランプの大きさ・重さや用途を
    確認しましょう

    照明器具のサイズによっては、電球形LEDランプや電球形蛍光ランプが取り付けられない場合もあります。どちらのランプも一般電球等に比べると重いので、注意してください。特にシャンデリアなど、多くのランプを使う照明器具の場合は、総重量にも注意してください。調光器具や密閉形器具には、それぞれに対応したタイプのランプを使用してください。パッケージやカタログに表示されているので確認しましょう。

上手な選び方5.効率の良い照明器具を選びましょう
「器具ごと替えて省エネ」

家の新築やリフォーム、また引越しの際は照明器具を見直す機会です。また、一般的な照明器具の点検・交換の目安は8〜10年です。10年を過ぎた照明器具がある場合は、器具の点検をしてから交換を検討するのもいいでしょう。

LED照明器具やHf蛍光灯器具を選びましょう

LED照明器具やHf蛍光灯器具は、長寿命で高効率です。どちらも、シーリングライトやペンダントタイプなど、様々な種類が登場しています。天井に「引掛シーリング」が付いていれば、自分で取り付け可能です。照明器具によっては、取り付け交換に電気工事が必要なものもあります。

図:器具を交換した場合の節電例

省エネ性能を確認しましょう

機器ごとの省エネ基準達成率の大きい照明器具(蛍光灯器具のうち家庭用に限る)については、省エネ性能を比較しやすいように「統一省エネラベル」が付けられています。

イメージ:統一省エネラベル

  1. 1多段階評価制度
    星が多いものほど省エネ性能が大

    • ●製品の省エネ性能を高い順に5つ星から1つ星の5段階で表示しています。
    • ●トップランナー基準を達成しているものがいくつの星であるかを明確にするため、星の下に矢印でトップランナー基準達成・未達成の位置を明示しています。
  2. 2省エネ性マーク
    緑のものは、省エネ目標クリア

    トップランナー基準を達成すると緑色、未達成の場合はオレンジ色で表示されます。このため、緑色のマークが、省エネ性能が高い製品を選ぶときの目安になります。

  3. 3エネルギー消費効率(lm/W)

    1Wあたりの光束(明るさ)で表します。小数点以下1桁まで表示します。
    エネルギー消費効率(lm/W)=ランプの全光束(lm)/ランプの消費電力

  4. 4省エネ基準達成率

    その製品が省エネ基準(目標値)をどのくらい達成しているかを%で示します。

  5. 5年間の目安電気料金
    年間の目安電気料金をチェック

    エネルギー消費効率(年間消費電力量等)を分かりやすく表示するために年間の目安電気料金を表示しています。

省エネにつながる機能

調光機能を活用しましょう

調光タイプの器具を使えばお部屋の雰囲気を自由に演出できます。リモコン操作で簡単に欲しい明るさを調整できるのはもちろん、光の色も調節できる照明器具も登場しています。

図:リモコン操作で簡単に欲しい明るさを調整

照度センサー

周囲の明るさを検知し暗くなると点灯し、明るくなれば消灯します。
夜間でも明るい場所には向きません。

  • イメージ:暗くなると点灯

    暗くなると点灯

  • イメージ:明るくなると消灯

    明るくなると消灯

人感センサー

人が近付くと点灯し、いなくなると消灯します。
通りに面し、人や車を感知するような場所には向きません。

  • イメージ:人のいない時は消灯

    人のいない時は消灯

  • イメージ:人が来ると点灯

    人が来ると点灯

  • イメージ:人がいなくなると消灯

    人がいなくなると消灯

タイマー機能
[照度センサー+人感センサー+タイマー機能]

設定した時間に消灯します。

  • イメージ:暗くなると点灯

    暗くなると点灯

  • イメージ:設定時間になると消灯

    設定時間になると消灯

  • イメージ:消灯後も人が来ると点灯

    消灯後も人が来ると点灯

  • イメージ:人がいなくなると消灯

    人がいなくなると消灯

調光機能
[照度センサー+人感センサー+タイマー機能+調光機能]

人感センサーと組み合わせると、暗くなると調光した明るさでほんのり点灯し、人が近づくと100%の明るさで点灯、いなくなると消灯します。

  • イメージ:暗くなるとほんのり点灯

    暗くなると
    ほんのり点灯

  • イメージ:人が来ると100%点灯、いなくなるとほんのり点灯

    人が来ると100%点灯、
    いなくなると
    ほんのり点灯

  • イメージ:設定時間になると消灯

    設定時間になると
    消灯

  • イメージ:消灯後も人が来ると100%点灯

    消灯後も人が来ると
    100%点灯

  • イメージ:人がいなくなると消灯

    人がいなくなると
    消灯

センサーを使って上手に節電

照明の上手な使い方

点灯時間を短く

こまめな消灯は省エネの基本、誰もいない部屋の電気は消しましょう。

効率の良いランプを使用しましょう

白熱球に置き換えられる電球形蛍光ランプは、同じ明るさなら消費電力は約5分の1、寿命は約6千時間。LED電球も消費電力は約5分の1から6分の1、寿命は約4万時間に。※製品によってばらつきがあります。

図:消費電力

ランプを取り替えるときは以下の点にご注意下さい。
  • ●照明器具によってはサイズが合わない場合もあります。
  • ●浴室などに多い密閉形器具や、調光機能のついた器具、断熱材施工器具には、それに対応しているランプを。
  • ●電球形蛍光ランプは、点灯直後は白熱電球に比べ少し暗く、数十秒で明るくなる特性を持っています。
  • ●LED電球の体感的な明るさについては、製品によって違いがあります。光の広がり方や、光源の明るさを表す数値「ルーメン(lm)」を参考に選びましょう。
  • ●直管型LEDに取り替える場合は、不具合を避けるため、ランプのみの交換ではなく照明器具ごとの交換をお勧めします。

図:省エネラベル

参考:(社)日本電球工業会「住まいの照明Pocket Book」2013年版

こまめな掃除・蛍光灯は早めに交換

ランプやかさが汚れてくると明るさが低下します。定期的なお掃除を忘れずに。また、蛍光灯は、長く使っていると気付かないうちに暗くなっています。明るさが落ちても消費電力は変わりません。端が黒ずんできたら早めの交換を。

買い替えるときは

  • ●Hf式蛍光ランプ(直管形・環形)は従来型の蛍光ランプよりもさらに省エネ。同じ明るさの場合、消費電力は約5分の4に。
  • ●トイレや廊下、外灯なら人感センサー付きの器具に。消し忘れがないので無駄がありません。
  • ●リビングや寝室は調光機能付きの照明器具にしてみませんか?たとえば読書の時は100パーセントの明るさ、音楽を聴くなら薄暗くして、というふうに暮らしのシーンに合わせて使い分けられ、省エネ効果も得られます。
  • ●新しく照明器具を購入する時も「LED」に注目。省エネはもちろん、長寿命なので取替えの手間もかかりません。
  • ●いくつかの照明器具を組み合わせた多灯分散で生活シーンに合わせて省エネしましょう。

図:省エネしたらこうなった!省エネ効果の参考データ

  • 図:調光機能で省エネ
  • 図:指定ワット数以下の電球を使う
  • 待機時消費電力をOFF

上手なお手入れ

  • 図:こまめな掃除でいつも明るく
  • 図:電球の交換は電源を切って
  • 図:素材に合わせたお手入れを

テレビ

テレビの上手な使い方

消すときは主電源をOFFに

リモコンで電源を切っても少量の電気が使われています。寝る前や長時間外出するときは、本体の主電源を切りましょう。旅行などで長く使わないときはプラグを抜きましょう。

明るさほどほど 節電モードで

明るさを控えめにするなど、節電モードに設定しましょう。明るさセンサーや自動オフタイマーなどの機能があれば設定しましょう。

ゲームが終わったらテレビもOFF

テレビゲーム機の電源を消すと、テレビ画面には何も映っていませんが、テレビの電源は入ったままです。必ずテレビの電源も切るよう気を付けましょう。

買い替えるときは
お部屋に合ったサイズを

画面サイズが大きくなるごとに、定格消費電力は大きくなります。視聴距離に合わせて適切なサイズを選びましょう。明るさセンサーや、オフタイマー、無操作自動オフなどの省エネ機能もチェックして。

図:省エネしたらこうなった!省エネ効果の参考データ

ブルーレイ / DVDレコーダー

ブルーレイの上手な使い方

省エネモードなどに設定を

低消費電力モードやエコモードなどがあれば設定をしましょう。待機電力が抑えられます。

パソコン

パソコンの上手な使い方

使わない時は、電源を切る

使わない時は、電源を切りましょう。電源オプションの設定を見直せば連続使用の場合も省エネに。

買い替えるときはロゴをチェック

  • ENERGY STAR

    「国際エネルギースターロゴ」が付いたOA機器は、待機している状態が一定の時間を経過すると、省エネモードに自動的に切り替わります。購入する際は、このロゴを目印に!

    • ●対象は、コンピュータ、ディスプレイ、プリンタ、スキャナ、ファクシミリなど。

図:省エネしたらこうなった!省エネ効果の参考データ

参考:待機電力を減らして、電気代も節約

使わないときも電気を使っている?
待機時消費電力を減らそう

家電製品には、使用してない場合でも、リモコンの指示待ちや時計やモニター表示などの機能維持、さらに電源が入っていないのにコンセントにプラグがささっているだけで電気が流れてしまっている場合があります。
これらを総称して待機時消費電力(待機電力)といいます。この待機電力を減らすためには、使わないときはプラグを抜くか、スイッチ付きタップ(省エネタップ)でカットしましょう。買い換える時はカタログを見て待機時消費電力が少ない製品を選ぶようにしましょう。

待機時消費電力量の占める割合

図:待機時消費電力の占める割合

イラスト:女性

PAGE TOP