ショールーム体験レポート! 省エネにつながる調光と気分で変えられる調色機能を体感しよう!

最近のLED電球には、光の色と明るさを好みに合わせて変えられる商品もあります。
特に調光は省エネにもつながり、おすすめです。
ここではLED電球の特性を上手に活かしながら、
より快適な住空間を演出する方法をご紹介。

ライティングコンサルタント 中村 美絵さん

福岡市博多区にショールームがある照明器具メーカー「コイズミ照明株式会社」のライティングコンサルタント。ショールームでは、最新の住宅事情に沿ってコーディネートされた4つの照明空間で光のさまざまな効果を実際に体験できる。定期的にあかり教室やLEDセミナーを開催し、ライフスタイルに合わせたあかりを提案。【HP】
http://www.koizumi-lt.co.jp/

体験レポ前に確認!

  • 調光とは

    照明器具のランプの明るさを調節する機能で、くつろぎや作業など暮らしのシーンに応じた光の演出を自由に行うことが可能。調光して照度を下げると、全灯時より消費電力がダウンし、省エネにもつながります。

  • 調色とは

    自然な光で爽やかな昼白色から、温かみのある電球色までを選べます。昼白色はいきいきとした明るさを求めている方におすすめ。一方、電球色は落ち着いた雰囲気の光なので、リラックスしたい方にぴったり。

さっそく体験ルームへ!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

調光で演出する快適な住空間を紹介。

「調光」は省エネにつながるだけでなく、過ごし方によってさまざまなくつろぎの空間を
演出してくれることが体験をして分かった。また、一部屋に一灯を取り付けるのが一般的だと
思っていたけど、壁際や床に間接照明を取り付けるなど、必要な時に必要な光を
取り入れたLED 電球の賢い使い方こそが、さらなる省エネにつながるということも発見できて良かった!

ダウンライトでより居心地のよい空間を!

必要な時に必要な所に必要な光を効果的に取り入れる

Before

中央にダウンライトを配置した空間。

中央にダウンライトを配置した空間。

ダウンライトは配置と壁からの距離によって雰囲気が変わります。100通りの物件があれば100パターンの配置の仕方があるので、ショールームのアドバイザーに相談しながら目的やシーンに合わせた配置決めをおすすめします。

After

  • SCENE 1

    SCENE 1

    真ん中に固めずに壁際に分散して、空間を効果的に明るく!

  • SCENE 2

    SCENE 2

    調光をかけながら、くつろぎ感のあるリラックス空間を演出!

  • SCENE 3

    SCENE 3

    壁際のダウンライトで光のメリハリを強調し、映画鑑賞など用途に合わせた重厚感のある空間に!

現在のLED電球市場には電球型以外に長細い直管型やダウンライトのように器具にセットされた実装型もあり、家一棟丸ごとLED照明で対応できるくらい充実したラインナップになってきています。また、LED照明の弱点でもあった「光の拡散性」も改善されているのも事実。
今までは一方向にしか出なかった光が、白熱電球のように300度以上広がる商品も登場するなど、日進月歩で新しいものが販売されています。
これだけLED照明が増えてくると、価格もお求めやすくなってくるのではないでしょうか。
今はまだ高価なものですが、より賢くLED照明を購入されたい場合は、ショールームなどで自分の目で確かめて選ぶことをおすすめします。

プロのオススメ「省エネアドバイス」トップへ

After

■コイズミ照明ショールーム福岡
電話番号:092-436-7200
URL:http://www.koizumi-lt.co.jp/showroom/fukuoka.html
■パナソニックリビングショールーム福岡
電話番号:092-521-7993
URL:http://sumai.panasonic.jp/sr/page/top/top.jsp?srcd=67
■LEDZ ショールーム福岡
電話番号:092-262-9330
URL:http://www.endo-ledz.jp/showroom/fukuoka/

PAGE TOP