時間も節約!専用の便利グッズでさらに省エネ!

今回は専用の便利グッズを使ったパスタや、揚げ物調理のコツを紹介。
レンジの活用術も参考にして楽しく時短につなげましょう。
※今回使用した電子レンジのW(ワット)数は700W(ワット)です。

フードコーディネーター 幾田淳子さん

「株式会社 IKUTA Kitchen」の代表取締役、料理研究家。愛情とユーモアが詰まった家庭料理は、幅広い層から支持されている。国内だけにとどまらず、海外の企業と共同してオリジナル商品やメニューをプロデュース。また、栄養士として親子を対象とした食育塾の主催、専門学校や大学で講演・講師も務める。

実践A 時短クッキング 後編

スパゲティ・ボロネーゼ

材料(1人分)

  • スパゲティ100g
  • 500ml
  • 5g

<ミートソースの材料>
[A]

  • 合い挽き肉(赤身) 200g
  • タマネギ(みじん切り) 1/2個
  • にんじん(みじん切り) 1/3本
  • ニンニク(みじん切り) 1かけ分
  • 粉チーズ 大さじ2
  • 小麦粉 大さじ2

[B]

  • トマトの水煮(缶詰) 1缶(400g)
  • トマトケチャップ 大さじ2
  • 中濃ソース 大さじ2
  • 顆粒スープの素 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
スパゲティ・ボロネーゼ

作り方

  1. パスタ専用容器に水、スパゲティ、塩を入れる。
    ※茹で時間はパスタの袋と専用容器の袋に記載されているそれぞれの時間を目安にしましょう。

  2. ミートソースは耐熱ボウルに[A]を入れてよく混ぜ、ボウルの形に沿って薄く平らに広げる。

  3. [B]を混ぜ合わせてに加え、そのままラップをせずに約10分加熱する。

  4. 泡立て器でよく混ぜ合わせたらにかけ、チーズと黒コショウをふりかけて出来上がり。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

フライドチキン

材料(2人分)

  • 鶏もも肉250g1枚

[A]

  • 粉パプリカ 大さじ1
  • 小さじ1/2
  • 濃い口醤油 大さじ1
  • おろしニンニク 小さじ1/2
  • おろしショウガ 小さじ1/2
  • コショウ 少々
  • 大さじ1

  • 片栗粉 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • レモン 適量
フライドチキン

作り方

  1. 鶏モモ肉は6等分に切る。[A]に絡ませてしばらく置いたら、片栗粉をまぶす。

  2. キッチンペーパーを敷いたターンテーブルの上に、皮を下にして並べる。 【省エネPOINT1をチェック】

  3. スプーンの背を使って、サラダ油を少しずつ薄くぬる。【省エネPOINT2をチェック】

  4. フタをせずにレンジで約5〜7分加熱する(大きさにより異なる)。

  5. 30分ほど置いて、もう片面を約5分加熱したら出来上がり。

  • POINT01

    ターンテーブルの上にキッチンペーパーを敷くと、余分な油を吸収し、短時間でカリッと揚がります。

    POINT01
  • POINT02

    レンジで揚げ物をする場合、少量の油で調理できて経済的。まんべんなく薄くぬりましょう。

    POINT02

まだまだある!電子レンジ活用術

  • 活用術その1調理の一部をレンジで行う

    ハンバーグなどお肉の中心まで火を通すのに時間がかかる料理は、最初に表面だけをフライパンで焼き、その後はレンジで加熱すると時短に。

  • 活用術その2野菜の下茹でもスピーディー

    野菜は軽く水洗いしてラップで包んで加熱すると、鍋で茹でるよりも短時間ですみます。水をあまり使わないので、ビタミンなどの栄養素を逃がしません。

  • 活用術その3野菜の下ごしらえもスムーズ

    切り干し大根やひじき、干しシイタケなどの乾物の戻しも水につけて加熱するだけでOK。何時間も放置する必要がありません。

プロも太鼓判!オススメ便利ツール!

最近、目にする時短グッズには一台で二役をこなす面白い商品も登場。
親子で楽しみながらクッキングもできます。

  • 手前から
    レンジでじゃがバター
    438円(税抜)
    レンジでパスタ
    500円(税抜)

    鍋を使わずにパスタを茹でたり、イモをふかしたりできるお手軽グッズ。パスタは計量用の穴と水量がわかる目盛り付き。

取材協力/天神ロフト
※表示価格は2019年10月1日現在の価格です。

プロのオススメ「省エネアドバイス」トップへ

PAGE TOP